台所はくすり箱/市川加代子 著

市川式恢復法の創始者市川加代子先生の実用ブック。

可愛いイラストでわかりやすく手当法などを伝授!

 

常の台所の食材が栄養価値を越えた薬(副作用のない)の役割を持っていることを書いた本。

常備しておくと、きっと役立つ台所ぐすりを作ってもらったり、料理のヒントをつかんで、食材のすばらしさに出会っていただけます。



**************************************

市川/加代子

1949年京都生まれ。京都市在住。夫、子ども三人。

義母のガン、我が子の死、自らの病を機に、中国伝統医学、分子矯正栄養学、ヨガ、気功、整体術、NLP、西医学などを学び、人の中の“治る力”を研究。



現在、市川式恢復法として病める人々の中にある“治る力”を引き出し、自らの経験を基にして「病む前よりもっと元気で、意義ある人生を歩む」知恵を提唱。



実践者として、子育て、料理、手当法など全国にむけて、講演、執筆、健康指導、実習指導などを行い、人々へ“勇気と希望”を発信中。



心と身体の科学研究代表、自然療法研究家、しらゆり保育園顧問、食養料理研究家、徳島県生涯学習講師、ウェラーザンウェル学会理事他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
販売価格 1,600円(税抜)